約三ヶ月ぶりの那覇。

梅雨入りしたはずがまさかの夏全開!

「夏!青!」的な感じが懐かしく心地よい。

 

僕にしては珍しく、キツキツバンドマンには珍しく、なんと贅沢な前ノリ!

前ノリだぜ、ベイベ!ヨロシク!

 

夕刻に那覇に入り。

からのビール、枝豆、焼き鳥、シマーを舐めながらの刺身

スライスしただけのキュウリ、玉ねぎ、鰹節、薬味で上等だ。

質素な晩餐は体に優しく心をハッピーにさせる。

 

友との懐かしい話に華が咲き、近況、近未来を語り合う。

羽田行きのモノレールの中での頭の中で今晩の段取りは完璧だった。

が!、、、。

 

喉に異変が、、。

あれ?、、、痛い。

い、た、い、ぞ。

やべ。

まじかー!

 

那覇着。

 

宿に着いても喉の痛みは収まらず、ますます酷くなる感じ。

長年の経験でもう分かる。

このまま行くと、もうこれは風邪だ。間違いない。

しかも市販の風邪薬とかは喉の痛みには効かないんだ僕の場合、経験上。

 

近くの耳鼻咽喉科医院へ駆け込む、、、が時間帯がもう夕刻。

診察終了の赤い文字がまぶしく映る。

 

あぁ、俺のビールが、シマーが。

オレの焼き鳥が、刺身が、オニオンスライスが、、。

宴は中止!すまぬ。

 

宿で喉の痛みに耐えつつTVを眺める。

これが良かった、結果的に。

まさに「ケガの功名」とはこの事。

 

 

「沖縄の歌と踊り」

オキナワ県民のみなさんには100%安定のTVショーだ。

随分懐かしい。

今回の特集は「八重山民謡の歌と踊り」

こういうのは本当に久しぶりに見る。

 

歌詞の意味は知らないがほとんどの歌を口ずさむ自分に驚く。

知り合いのお姉さんが踊ってる。おーすげぇ。

華麗で綺麗だ。

 

番組はただただ静かに歌と踊りを映し出すだけ。

余計な講釈も一切なく淡々と進む。

あぁ、これぞ八重山って感じだなぁ。

 

こういう番組を普通に当たり前に何十年もやってるってのがすごい。

おそらく番組にケチをつけたりクレームを言う人なんて誰もいないだろう。

 

芸能は受け継がれる。静かに。

誰に頼まれた訳でもなく、ただただ静かに受け継がれる。

八重山の芸能の幹の太さ、プライド、先人達へのリスペクト。

 

僕の憧れの「前ノリの晩」は八重山民謡の優雅さを胸に刻んだまま過ぎ去った。

 

 

翌朝、耳鼻咽喉科へ駆け込み診察、薬を処方して頂く。

やはりかなり赤く腫れているらしい。

これ以上悪くならないのを祈念しながら会場へ。

 

約3ヶ月ぶりのSound M’s。

店主・柴田さんもお元気そうで何より。

 

今回もたっぷり、ゆったりやらせてもらう。

同級生、先輩、親戚従兄弟、知り合いのそのまたご友人、飛び込みの異国の方々。

ご来店下さいましてありがとうございました!

 

盟友てっちゃんがオペレートしてくれて助かりました。

喉も悪化せず楽しく、自由にのびのびやれましたね。

楽しんでくれてどうもありがとう!

  

※写真はけいこちゃん、サンキュー!

 

 

僕ら石垣の同級生、先輩、後輩はギタリストだらけ。

だから毎回、視線が熱い(笑)

 

その昔、中高時代は異常なくらいライバルが多かったんだ(笑)

 

「Kのアルペジオよ、まる綺麗ど」

「本当はAが一番上手はずよ」

「早弾きならNだな、リズムがいいのはEど」

「センスいいのはM違う?やっぱしよ」

 

こんな小さな島で毎日のように競い合ってたような気がするね。いい思い出ですね。

 

今回も先輩からお褒めの言葉を頂いたり、少しアドバイスを頂いたり。

 

 

小学校の頃、高校の学園祭のバンド演奏を覗きに行ったんだ。

もうスターを見るような感覚よ。

その時にピアノ弾いて歌ってた先輩がいたんだ。S先輩。

強烈だったなぁ。痺れたなぁ。

ピアノ弾いて歌うって、何?カッコ良すぎんか?

どういうこと?

あれから約30数年~40年ぶり?

そのS先輩がわざわざ見に来て下さいました。

 

お変わりなく若々しい姿でね。

ライブ終了後、ピアノ弾き語りを始めたんだ。

そう、あの頃に初めて聞いたBジョエルを。

しばしのワンマンショー!

いやいや、すごいですね。

すごーい、すごい!

石垣の人、おそろしやー。

え?こんな人までいるの?って感じでね。

S先輩ありがとうございました。

 

 

八重山の芸能は幹が太くプライドと優雅さを受け継ぐ島の誇りのような気がしました。

みんなありがとう!

また11月ねー!