さぶ〜い

 

昨晩から雨が降り出した。

冷たい雨の土曜日。

 

コーヒーを淹れながら10年前の3/11を思い出してみる。

その日は夕方から仕事だったので

昼間はラジオを聴きながら寝そべってたんだ。

 

ゲストのイッセー尾形さんの話を聴いてるうちにグラグラと揺れたんだな。

あ、地震か、。

と思った瞬間ものすっごい揺れだした。

 

うわっと声を出したら、ラジオの向こうで大竹まことさんも「うわっ」と言ってた。

 

部屋中の棚が全部倒れてTVも吹っ飛び、お昼に食べたカレーの残りが床に散乱した。

 

「あ、これは建物が潰れる」と直感的に思った。

次の瞬間には外に出て空を見てた記憶しかない。

 

近所も人達もみんな外に出てきてた。

 

斜向かいの酒屋が気になったので「お母ちゃん、大丈夫!?」と駆け込んだ。

 

店主のお母ちゃんが「死ぬかと思ったよ、でも大丈夫よ!」

割れた一升瓶を抱えてケラケラ笑ってたのを憶えている。

 

女の人ってすげぇなと思ったのも憶えてる。

 

恐怖でブルブル震えてるお兄ちゃんもいた。

意味不明な言葉を叫んでる人もいた、マジで。

 

まだ津波とか原発の事故とかはまだ知らなかった。

 

大きな余震が相次いだ。

 

もしかしたらもう終わってしまうのかなとも思った。

 

携帯は不通。

とりあえず沖縄にいる兄に最寄りの駅の公衆電話でかけた記憶はある。

 

駅は大混乱で映し出されたモニターには津波警報で真っ赤に。

地震が東北の方で起きたんだと初めてわかった。

 

何十回も余震で揺れた。

 

コンビニに寄ったら何にもなかった。

緑のたぬきが一個だけ残ってたので買った。

食べなきゃと思ったけど喉を通らなかった。

 

一晩中、揺れる部屋でラジオを聴いてた。

文化放送の水谷アナが注意喚起を繰り返し報じてた。

仕事とはいえ、よくぞここまで落ち着いて報じられるなと思った。

やはり女の人の肝の座り方ってすごいなと思ったよ。

 

福島にある原発がヤバいと。

正直、福島に原発があることも知らなかったし

僕らの日頃の電気がそこで作られていた事も知らなかった。

それらがいろんな既得権益で構成されている事も。

 

報道によると廃炉作業はほとんど進んでないし

冷却炉の汚染水は溜まる一方。

未だに放射能の数値は高いまま。

 

この状態で2020五輪は復興五輪と掲げ

アンダーコントロールされてるとまで明言した。

見え透いた事を世界中に発信したことは誠に恥ずべきこと。

 

個人的にスポーツ全般大好きだけど

だんだんわかってきた事があるから

もう五輪は手放しには喜べない。

 

 

楽曲制作は続いてる。

コツコツのんびりと。

なんせ締め切りがないからね(笑)

まだギアはローのまま。

 

コマは揃いつつあり、アレンジの方向性も決まりつつある。

楽しみにしてる方っているのかな?

とか思いながら、それでも作っていくのは楽しい。

 

自分の記録としてね、形にしたいし残したいな。

 

今日は一日中、雨。

少し荒れてるね。

なんだか久しぶりに雷の音聞いた気がする。

 

ではでは、また。

みなさま引き続き、適度にご用心なさってくださいねー。