今年もありがとう! 〜 石垣編 〜

11/25(日) 石垣・すけあくろ

 

一年振りのすけあくろ。

 

今村さん、大道さんもお元気そう。

 

 

今年も同級生、先輩、後輩、親戚、中学時代の恩師と

多くのお客さんに来て頂きました。

日曜日の夜にご来場頂いたお客様

本当にありがとうございました!

 

じっくりと聴いてる様子と静かに楽しんでる様子がジワジワくるんです石垣は。

独特のムード、独特のオーディエンスとでもいいましょうか。

 

しかし最前列のちびっ子男の子二人組のノリノリの可愛さにはやられたー(笑)

 

 

今回、緊急特別ゲストに富山峯夫さん

 

島の大先輩に助けて頂きました。

というのも長引く風邪と咳と気候の寒暖差ですっかり喉をやられてしまった。

注意しながら生活していてもこればかりはどうしようもない。

何とかならんかな。

 

ライブ中盤に峯夫さんに三曲歌って演奏してもらい私は横でギターをバキバキ弾くという

贅沢をさせてもらいました。

 

峯夫さんは僕らのちょうど一回り上の世代。

ブルーズギタリストとしてシンガーとして石垣の音楽界の第一人者。

いつまでも若々しくギターを弾く姿はやはり憧れる。

 

峯夫さん、いつまでも元気でギター弾いて下さいね。

ずっずっと追っかけますので。

 

アンコールではドラマー波照間剛に叩いてもらいました。

ぶっつけ本番。

さすが剛、ブレイクするところもちゃんと覚えてる(笑)

ありがとうね、剛。

 

3人でイエーィ!

 

 

ありがとう、すけあくろ。

ありがとう石垣。

 

もっともっと精進してまた来年帰って来ます。

 

みんな元気でねー!

ありがとー!!

 

 

 

峯夫さんが「ケンジ~によ、渡したいのがあるさ」

 

「ん、何すか?」

 

 

それが、これ!ジャーン!!

 

 

1991年頃の私。22歳。

石垣島のオールディーズライブ店「キャデラック」でギターを弾いてた頃の写真。

 

当時、峯夫さんが撮ってくれたらしい。

場所はコットンクラブだって!しかも昔の!

 

何なんでしょ、このヤサグレ感(笑)

何かに文句でも言いたかったんでしょうかね(笑)

 

このシャツ憶えてる!

お気に入りの花柄のシャツだったさ。

 

いやー、なつかしーなー!

なんか、一気にいろんな事思い出した!

 

峯夫さん、大事に持っていてくださって本当にありがとうございました。

 

感謝、感謝の那覇、石垣旅でした。

 

 

 

一方ね、悲しい訃報も聞いたんだ。

憧れの先輩ギタリストが今年に入ってすぐに亡くなってたみたい。

 

かっこいいロックンロールギタリストでね。

バシッとジャケット羽織ってテレキャスターでね。

 

僕のアイドルだったんだ。

 

 

T兄さんへ

兄さん、いつか会いたいなぁと思ってたんだけど。

 

あれから僕も優もずっとギター弾いてるよ。

優はストラトが似合ってるさ。

僕はテレキャスでギャンギャン弾いてるよ。

 

兄さんみたいにクールでタイトで緻密なギターには程遠いプレイだけど。

 

大昔に「お前上手な~」って

兄さんに言われた言葉、忘れられんさ。

 

今だにその言葉信じてやってますからね。

 

天国から僕と優を見守ってて下さいね。

 

” テレキャスターとCREAM SODAとリーゼント ”

 

T兄さん、ありがとう。

 

永遠に。