迎里計 音楽生活20周年記念祭

三線と一五一会の名手で唄者の迎里計(むかえざと けい)の

音楽生活20周年記念祭にお邪魔して来ました。

 

 

そもそも計との出会いはというと。

 

ヤスー(大島保克)と活動を共にしてた1994年頃かなぁ。

石垣でのライブの時にお手伝いしてくれたんだ。

計がまだ高校生の頃ね。まだ細くてね(笑)

すごく利口そうで実直な印象があったよ。

 

その時は音楽をやってるって知らなかった。

 

その何年か後に計は上京しブーイングシェーナーという

バンドでデビューしたんだ。

 

当時はベーシストだった。

なんかのイベントで二、三回一緒になったかなぁ。

 

何年か一度に会うくらいの付き合いだけど。

会うたんびに人懐っこい顔と白保特有のユーモアも忘れずに

「健二ニィニィ~」て声かけてくれてね。

 

後にBEGINのサポートミュージシャンで一五一会、三線をやってるって聞いて

「あ~やっぱり計は白保の人なんだなぁ」て思ったのを憶えてる。

 

白保というところは芸事、唄の凄い人達がいっぱいいてね。

 

僕の知ってる範囲だと

故・山里勇吉さん、舞踊の堀切トキ先生、白百合クラブの諸先輩方

新良幸人、大島保克、迎里中(計の兄)、しのぶ、カナミネケイタロウ

横目兄弟、全く活動してないけどナルヤ兄(笑)とかね。

そして今回初めて見たけど素晴らしかった世持桜ちゃんに兄弟のお二人。

 

白保の人達というのは宴芸をやらせたらプロ級の猛者の集まりなんだ、マジで。

息が出来なくなるくらい笑ったりしたと思いきや、

息を飲み込んだりするくらいに素晴らしい踊りを披露したりする。

 

ヤスーのお陰で白保の素晴らしさに触れた事は本当に幸運だと思う。

改めてヤスーに感謝ですよ。

 

 

大勢のお客さんに愛された迎里計の20周年祭は素敵な宴でした。

 

世持桜さん、永山尚太さん、来嶋けんじさん、芸人しゃもじのお二人

竹富島からこの日のために来た野原健(けんなー、同級生)と

上勢頭さんの素晴らしい唄。

 

ワタクシも一曲披露させて頂きました。

幸せな宴のステージに立てるという事は嬉しい限り。

 

計、おめでとうねー。

これからもお互いに頑張って行こーねー。

 

呼んでくれてありがとう。

 

計のお母さん達とけんなー(同級生!)と

 

出演者全員でパチリと