6月後半 〜あれこれ〜

肌寒い日もあれば暑い夏日もある。

一日中降り続く雨に憂いながらもギターを弾くのがなんとも心地良い。

 

ラジオのパーソナリティーは昨今の事件、事故、人気芸人さん達の不祥事(?)

世界情勢などなど矢継ぎ早に話してる。

 

しかし芸能の仕事というのは線引きが本当に難しいように思う。

僕の中では”まぁそんな事も中にはあるんじゃない?”くらいなもんだ。

 

もっと悪い人たちがいっぱいいるのに。

 

日本、世界中が揺れている。

沖縄も宮古も故郷の石垣も竹富も。

 

穏やかではないことばかりが目につく

皆問題を抱え、対立し歪み合う。

どちらにも言い分はあるし主張し合う。

その見極みが大事。

無関心ではいられない。

 

僕に出来る事といえば選挙、署名、わずかな寄付をする事くらいだけど。

 

毎年6月23日の慰霊の日には背筋が伸びる。

僕らの先祖がどういう気持ちで生きたのか

どういう気持ちでお亡くなりになられたのか

どれだけの引き裂かれるかのような深い悲しみを抱え込んだのか

背負って生きてきたのか

想像をしただけでも胸が痛む。

 

 

夏よ、早く来い。

 

 

降り続く雨も鬱陶しいムシ暑さも嫌いでは無いがこの時期になると

毎年そう思う。

何も、まだ何も解決していないのに。

 

 

一つ楽しみがある。

そう、新しいアルバムがもうすぐ完成するんですよー。

yeah! 嬉しーーいっす!

 

写真:永井宏樹氏