7月雑記

なかなか気持ちのいい晴れた日がこないなぁ。

雨が続く7月。

今年は梅雨が長いね。

 

今夏は高校野球甲子園大会が中止。

しかし代替独自大会みたいなものが各都道府県で行われてる。

期待していた興南高校が惜しくも敗退。

 

あー、西里選手また観たかったな。

しかしプロ、大学、社会人と可能性はいろいろあると

思うので期待してますよ。

 

そんな中なんと母校・八重山高校がベスト4に勝ち上がった。

日焼けした顔に白い歯、土のついたユニフォーム

白球に一喜一憂する姿はいつの時代もどんな時代でもいいもの。

悔しい夏だろうけど思いっきり闘って欲しい。

 

永遠の夏

 

 

今月はライブ2本だけ。

ポニーさんに呼んでもらって

久しぶりに人前でギター弾けて歌が歌えて

美味しいお酒、差し入れのおつまみも頂きました。

ごちそうさまでした。

 

この先この業界がどうなっていくのか未だ見当もつかないけれど

合奏する楽しさといい、僕自身音楽と出会って

本当に良かったと思う。

 

横浜・サムズアップではGroovin’で配信ありのライブでした。

楽しいひと時、みんなでダンスダンスダンス!

やはり音楽は生もの!楽しいねー。

ご来店本当にありがとうございました。

アンコール飛び入りに下神さん(tp)

 

 

豪雨災害は年々深刻な事態に陥ってる。

近年の天変地異、疫病とそれぞれの業界は危機的状態。

 

僕自身もライブをやれないもどかしさもあり

日々悶々としてるのは事実。

感染予防に厳重に努めて活動するのも一つの方法だがどうも心に引っかかる。

ここは動かずじっとしてるのがベストかなと、今の所は思う。

やるのもやらないのもどちらも勇気ある決断。

 

感染者数ばかりを発表し人々を煽り続けるメディア。

そりゃ増えるでしょ、当たり前ですよ。

世界中で蔓延してるからね。

 

730(ナナサンマル)

もうすっかり忘れられてる感がある。

オキナワの車両通行が右車線から左車線へ変わった日。

子供ながらに何か一つの扉が開いたような気がして

ワクワクした小学3年の夏休み。

7月30日の思い出。

もうどうでもいい、ただの昔話かな。

 

梅雨が明けてないのにセミが鳴く。

そりゃそれでなんだか新鮮ですね。

夏を待ちきれずフライング気味でミ〜ンミ〜ンと元気よく。

 

ラジオで島津亜矢さんの歌を聴く。

「君と見てるから」

歌い手の底力を感じさせる圧巻の歌唱力。

本当に素晴らしいの一言。

皆さんも是非ご一聴の程を。

 

夏もすぐそこ。

お互い気をつけて生きていきましょー。