THE LAST WALTZ

何回観るんだろうね。

もう何十回も観てるし、ビデオも持ってる。

二十歳そこそこの頃は映画を丸々カセットテープに録音して聴いてたくらい好きだった。

 

 

映画館で観たかった。

でっかいスクリーンで大音量で。

念願だったんだ。

 

 

いやー、最高ですな。

素晴らしい!

40年前の映画をリマスター?大音量?

そういうのは置いといてその内容だけで十分です。

今更説明不要な音楽映画。

 

 

今回は特にジョニ・ミッチェルとウ”ァン・モリソンに釘付け。

相変わらずディラン、ステイプル・シンガーズは圧巻。

 

客席もガラガラだから最前列のど真ん中で一人、声上げてました(笑)

大音量だからね、平気平気。

また観たい(笑)

 

リウ”ォン・ヘルムのあの歌うドラム。歌うフィル。そしてその歌。

リックの歌うベースとその歌。

リズム隊にこんなに歌われたらね、もう最強よ。

 

ロビーはチョーキングとピッキングハーモニクスだけでいいんだ(笑)

もちろん最強鍵盤のリチャードマニュエルとガースハドソンありきの話。

 

理想ですね。もう本当に理想のバンド。

よし、また観に行こう(笑)

はい、クレイジーです。

 

ジョニ・ミッチェル、素敵。

 

ウ”ァン師匠とリックさん。もう何も言えん。

 

※画像はネットから拝借。すまない。

こんな素敵な映画作る方がいけない(笑)